五輪を見たり細胞について勉強した

朝から五輪を見ていました。カヌーでメダルをとったそれぞれがいたので、TVでやっていました。しばらくしてから競泳をやっていたので、見ました。そして、細胞について探究しました。細胞膜は、非常にちっちゃな隙間まがたくさんある半透膜で、始終水やちっちゃな溶質が浸透しています。物体の濃度が細胞の内外でことなる場合に、細胞膜を介して物体が濃度の良い脇から小さい側に流通されます。これを受動流通といいます。受動流通は拡張であり、気力の給付は必要ありません。細胞の中には水を溶媒として、各種物体が溶けているので、細胞はその濃度に引っ付く一定の普及圧をもっています。一般に濃度が良いほど、普及圧は高くなります。細胞を入れた時、細胞膜を介しての見かけ上の水の出入りが無く、細胞の程度にも差異が見られない液をその細胞の等張液といいます。等張液より普及圧が良い溶液を高等液、反対に低い溶液を低張液といいます。勉強になりました。お嬢様酵素 店舗販売