長期、道場暮しを営んできたM・Tの征服からの解禁

今一度、N・Tはこちらに向き直った。
「それにしても、お前が急にそんな突拍子も乏しい事を提案するとは思えないんだよな、己は。何かあったろ」
 N・Tは勘が鋭かった。長年の人付き合いともなると、お互いの本旨まで見え透いてしまうことも起こる。
「己もそんなにおもう。ひょっとしたらと思うけど、T・M絡みか?」
 またしゃべりはじめたかと思えばN・Tよりもエネルギーの賢いM・Tの一言にこちらは狼狽した。
「やつか!おい、A・I!」
夜もすがら、昼の盛り上がりでN・Tが捲くし立てる。こうなるととうにこちらは満遍なく話すしかなかった。
「長年の居候くらしで飽きたのも生じるんだろうけど、必ずここの飯は不味いんだって。スウィーツも出ないみたいだし。だから少なくとも食後ぐらいはと思って……」
 嫌々法律にとらわれ続けているM・Tが心残りに思えたのは的確だが、生い立ちから何まで、凡そ本人の事態を知ってしまった前、何かしら一役買って出ようという虚勢が内面にあったのかもしれない。キレイモ 値段